勤め先への在籍確認はプロミスを名乗るの?

審査で行われる項目の一つに在籍確認があります。
在籍確認というのは申込書で申告した勤務先に勤めていることを電話によって確認することとなります。
この時に「プロミスですがキャッシングの申し込みをした○○さんは確かにそちらの会社にご在籍でしょうか」という内容の電話ではありません。
債権者であるプロミスは個人の債務情報について第三者に漏らすことができません。
在籍確認の電話は消費者金融の場合担当者が自分の個人名で電話をかけてきます。
いたって簡単な電話になります。
「○○と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか」
この程度の内容です。
本人がその場にいなくても「只今席を外しております」でも構いません。
席を外しているということは在籍していることは間違いないことでもあります。
二度三度と税咳確認の電話があることはありませんので一回をどのように乗り切るのかが問題になります。
個人名での電話となるプロミスになりますので普段から会社に個人あての電話があるような部署であれば問題ないでしょう。
しかし大半はそうはいかないものです。
自分が在籍確認の電話を受け取るようにすることもできます。
申し込み時に在籍確認の時間指定をするというもの。
勤務先への在籍確認の電話があることが会社への体裁が悪いということで抵抗感のある方は少なくはありません。
そのため、時間指定程度の申し入れはプロミスATMなら対応してくれています。
抵抗があるときにはまずプロミスに相談をしてみましょう。