消費者金融から借りたお金の正しい返済方法

消費者金融から借りたお金は、翌月から返済が始まるのが普通です。
翌月の返済日に1回目の返済があり、その後は毎月期日までに返済する流れになります。
昔の消費者金融の返済方法は窓口に現金を持っていく方法が一般的でしたが、今はカードで返済したり、自動口座引き落としにしたり、銀行振込にしたり、様々なお金借りる方法が用意されています。
返済方法は自分で選択できますが、口座引き落としを選ぶ場合は事前に申請をしておく必要があります。
最も確実に返すには口座引き落としがベストであり、この方法なら忘れるリスクは極めて低いでしょう。
口座に返済する金額分を残しておけば自動的に返済されますし、手数料もかかりません。

口座引き落としを選択する場合は、給料日の5日後が無難なところです。
例えば25日が給料日の方なら、引き落とし日は月末に設定しておくのです。
あまり日数が離れすぎていると、返済金であることを忘れて出金してしまう可能性があります。
確実に返済するためにも、給料日の5日後くらいがちょうどいいのです。
たった1日でも遅れてしまうと信用力を下げてしまい、何度も遅れるようになると融資を止められる可能性もあります。
肝心なときに借りられないのは非常に困るので、返済は着実に行っていきましょう。
返済期間が長期化すると利息が増えるので、利息を軽減するためにもなるべく早く返済したいものです。
安全に借りるためには、返済回数の最高、返済期間の最長を決めておくことです。

関連記事